両親インフルエンザの為、大晦日の親族集まりはなし!親族誰も手伝わない上に年々態度の酷さが増していて、毎年憂鬱で大雪でなくなればいいのにと願っている行事です。両親の体調が悪いのはかわいそうだし、それにより私には別の負荷がかかってはいるけれど、しょうじき、ばんざい!という気持ちです。毎年本当にいやで、今年はもうノータッチで行こうと思っていた(でも母が体調悪くてもやるとかだと本当に放っておけるか自信はない)。

 

母は疲労時によく膀胱炎を発症するのですが、昨日もそうで救急外来へ行ったけれど、珍しいことに検尿の時点で症状がほぼなく、検査でもぎりぎりで薬の処方をかなりためらわれたけど出してもらえた。飲まなくても大丈夫だったかもしれないけど、また悪くなってまた病院へというのは辛すぎるので助かった。病院の待合、2方向が出入り口で、冷たい風が入ってきて、しかも、インフルエンザの人用の方が出入り口に近く風がよく通り、寒かった。車からひざ掛け持ってきた。病院の人だち皆忙しいしエリアに制限があるのも分かるけれど、あれはまずいよ。。。

 

救急は患者数多くなかったけど、病院と薬局で2時間、まあそんなものかな。検査もしたから。母が風邪で平日に行った時は4時間かかったそうで(その2日後にまた行ってインフルが判明)。風邪なら市販薬飲んで家で寝てた方がいいかもという気もする。処方薬の方が効く気もするけど。薬局で保険適用で薬出せたらいいのに。

 

以下は、親族との付き合いで大変心が狭くなった私の見苦しい愚痴ですが。親族たちなぜか正月の花を持ってきてくれる。花はいつも母が生けるの見てるはずなんだけど。兄一家がインフルエンザだとおさんどん要請を実家母にかける(→私にも負荷が)のに。病人には普通の食事になるものを下さい、ごはんのお世話が大変です…と思うけど、難しいかな。。。わーお花きれいだね、と思っていればよいのですが。母がおせち料理を兄家族にあげるとか言うので私の不満が高まってしまった(ごはんの!じゅんびが!たいへんなのに!)。お嫁両親のことだと兄の収入で賄われるところ兄の両親のことだとそういう配慮はなく、兄の両親はお金かけて育てただけで恩返しゼロどころか兄がわがままを通す為に入院中の父がわざわざ外泊して仕事をしてたりかわいそうというかほんとにめちゃくちゃ

 

愚痴終了

 

愚痴は終了だけど、良い兄弟(傲慢でなく、両親を大切にする)がいる人がうらやましい。もしくは一人っ子。

 

私も12月どうも体調優れなくて、リサイクルに持って行く物等と共に年を越すことに。目についた所を片付けたり花を生けたりはした。新年、あまり心を狭めないように。両親には同じことでも冗談気味にというか怒った風でなくポジティブに言うように心がけたい。ついきつい言い方をしてしまうことあるので。(まあでもこちらも余裕ない時もある…いつも優しいと母はどうも妙に調子に乗ってしまうとこあったり…長年の、男性家族の母に対する態度のせいかなと思う。母が招いてることでもあるけど。)

 

両親の回復と、私方面にインフルエンザがうつらないことを願いつつ。

良いお年を!