読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

ノーベル賞の時期にいつも上がる話だけど、他国の国籍取っている人も日本人にカウントし続けるのとても違和感。特に近年は日本日本と強調したがったり二重国籍の否定についてすごく盛り上がったりする国なのに。日本で育った人だからカウントしたくなるのは分かるけど、それならちゃんと現在の国籍も併せて伝えてほしい。

 

日本人#年連続の受賞ならず、みたいなのもパターンを変えて延々あって驚く。今日見たのは「6年ぶりとなる日本人の化学賞受賞はならなかった」、もういいでしょ、なんでそんなわざわざがっかりするの。同じ書くなら、日本人の化学賞受賞は6年前に何々の研究の誰々としといたらどうなのと思ったけど、どっちにしろ書かなくていいのではという気分。

 

そんで科技相の人の、社会に役立つか役立たないか分からないものまでどんどん好きにやってと言えるほどこの社会、国の財政はおおらかではない、という言葉が報じられてて、あはは、、、せっかく現役&次世代に夢を与えるニュースなのに潰しにかかっててびっくり。それに海外や外国人留学生にはひどくおおらかなのにとびっくり。それこそ役立つかどうか分からなすぎなのに(まあこの人の担当外だけど)。そしてこの人理系の人なの?と思いきやまっすぐ文系だった(まあそこは直接関係ないか)。どのような研究や環境が最もノーベル賞に結びついているか検証し問題点を洗い出す、とは前日のコメント。今回の、そしてこれまでの受賞者の声全く届かず...。

 

大学も訳分かんないことになって国立でも(だからこそなのか)従来のアカデミックな学部が消えて教育学部も消えて地方活性化とか観光が学部になってるのほんと言葉失くす。日本におけるぶんかくと思ってる。