読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

里芋のポテサラ

里芋でポテトサラダを作ろうと思い立った。一応いくつかレシピを確認。皮をむいてゆでる、とあった。切ったりせず丸ごとゆでるということ。

 

でも、小さく切って、牛乳と水を少量足してゆでて、柔らかくして、そのままつぶすことにした。スイートポテトを作るときにいつもこうしている。

 

ゆでながらつぶしていると、表面積が大きいせいか、粘りがすごい。どんどん粘り部分が増えて、すりおろした長いものよう。もちろん食感もスライミー。

 

でもまあ仕方ないので、具を混ぜて味付けをすると、それなりにおいしい。焼いてもおいしそうなので、4種類の食べ方をすることにした。

 

1.焼かない。2.そのまま焼く。3.ごはんを混ぜて焼く。4.小麦粉を混ぜて焼く。

 

全部おいしかった。おなかが膨れる。

 

これ、スープに入れてもいいんじゃないかな。固まるか、ただ散らばるか、どちらにしても良い。固まるならお団子に、散らばるならポタージュみたいになるといいな。

 

今回の具:ツナ、玉ねぎ、にんじん、オクラ

味付け:マヨ、塩、めんつゆ、こしょう

 

ツナが良く合っていた。ぼんやりしそうなところを締めてくれる。

 

温かい秋だけれど、食卓に出した料理がすぐ冷めてしまうようになり、ずいぶん涼しくなっていることに気付く。

 

・・・・・・・・・・・

追記:残りは今回はスープにせず、卵を混ぜて、チーズを入れて、また焼いた。冷蔵庫で保存していたせいもあり、すんなりとは卵と混ざらなかったけど、そのうちきれいに混ざった。そのまま食べたり、トーストに乗せたり。