読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焼き加減たいせつ

料理

大きくて厚みのあるしいたけ。この大きさ厚さを生かした食べ方をしたい。やっぱりローストだろう。

 

しいたけとじゃがいもとにんにくとローズマリーにオリーブオイルをかけ、トースターの焼き芋コース、強め、で焼く。

 

あれこれしていて焼き加減を見るのを忘れていて、焼かれ過ぎて小さくなってしまった。少し弱めで焼くか、やはりフライパンでステーキのように焼いた方がよかったかな。塩をふり食べる。味わいはとても良い。

 

しいたけの足、石突(いしづき)。母には切り落として食べずに捨てると子供の頃に習ったけど、ある時食べられるんじゃないのこれ?と思い、食べてみた。おいしいく食べられた。それからはあまりに小さかったり硬くなっていなければ食べている。今回も半分に切って一緒に焼いた。かみ応えあり、じわじわと味がしみ出しておいしい。

 

・・・・・・・・・・・・・・

この、オーブン皿に野菜や肉などを並べオリーブオイルをかけて焼く方法自体は昔からある一般的な調理法。お湯を沸かすには鍋に水を入れ火にかける、くらい普通な方法。知らなくても自分で思い付く人もいるだろう。

 

この調理法を使った料理にまつわること(調理法やレシピについてではない)で、炎上・鍵かけ・鍵開け&鎮火・その脇で延焼、という一連の過程があっという間に進むのを本日お見かけした。速かった。延焼させる人たちよくない…