読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれはもういいかも!と思っても試着で生き残っていく。。。衣装ケースとは対話し過ぎて、減らない...無理...となってきたので、目線を変えて、ハンガー部などへ。3、4着は決まりそう。衣料品回収があったらいいんだけどな。リサイクルに出してもいいけど、田舎町で個人情報ばらばらするのちょっと嫌な気も。

 

行き詰るとネットで断捨離ネタを求めるといういつものサイクル。ゴミ袋3つとか4つとか5つとか、皆すごい...しかも度々大量にやっている人もいる。とても若そうな人も多い。やっぱりファストファッションのせいなのかな。

 

そして今回モチベーションあげてくれそうなのが、毎日1着捨てる服を決めている人(後でまとめてリサイクル等されてるみたい)。おそらくすごくきれいなかなり大きなクローゼットで、それでもいっぱいで棚やラックを足していて、別の部屋にまで服が進出しているらしく、片付けて納戸に収まったりもしているようで、こりゃ捨てる気がなければ際限ないだろな、という感じ。この人は今現在、明確にに減らすという目的で処分中。恐らく既に300着以上は処分されてるのでは。

 

収納場所の広さも服の量も私の数倍、もしかすると10倍以上のスケールなんだけど、共通するとこもある。似たようなアイテムをたくさん持っている。仕事用と、家用に、それぞれ似たアイテムをたくさん。色違いも多い。仕事だと週末にまとめて洗濯やアイロンするから数も増える。家用は、、、なんでこんなに増えてるんかね。ぐちゃぐちゃに増えているのではなくて、割ときれいに整理されてるとこも似てる。

 

せっかくきれいで大きいクローゼットなのにもったいない。ゆったり使った方が絶対いいはず。

 

そういうことよね。

 

こういう良い?サンプルがあると、ぱっと客観的に見れて、自分のことも客観視しやすい。私ももう少し減らしていけそうだ。私ももう少し「減らす」ことに気持ちを置いてみよう。減らすつもりでやってはいるけど、好きだし、また着るし、をかなり尊重していて、もう本当にいらないと思えるのを待っているとこがあるので。

 

部屋のクローゼットに布団も収納できるようにしたいな。