読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

衣服 暮らし

Uニクロトレーナー(また書く)、形がほんとに良くて喜んでる。Uニクロでこんなに満足感得てる自分に少し不安も覚える。(記念?に画像貼ろうかと思ったけど、同色はもう消えてた。)新作はラグラン袖に戻ってた。メンズを大き目に着るなら、服の肩幅が出にくいラグランがベターと思ってたけど、今回買ったのは普通の、少しだけ落とした袖付けで、全然おかしくない。いい。新作に欲しい色が一つもなくてほっとしている。レディースで好物のスウェット型ニットが出ていて、コットンカシミヤ自体は好きな素材だけど、Uのは珍しく質感が悪い。いかにも弱そうなすでに毛羽立っているような。カシミヤ入れた意味が見えない。Uについ行っちゃうのって、価格ももちろんだけど、ナチュラル素材100%のニットやスウェットが見つかりやすいからなんだよね。コットンとかウールとか。他だと、おしゃれでも、何か混ざってること多かったりで。

 

ヒートテックが出た時にいいなと思ったのは、柔らかさと、着た瞬間にあまり冷たくないこと(それまで着ていたあれこれと比べて)。でもよく言われてるように汗かくと確かに心地よくはない。結局、暑さにも寒さにもコットン100%(か多め)が一番なのかなという気がしてる。montbellのメリノウールが良いと聞いたことあって、ウールのインナーって興味津々。糸が細ければ気持ちいいかも。襟首詰まったインナー用TシャツはU以外で綿で探そうと思いつつ、まだ行けてないし、もうすぐセールだし、どうしよ、待とうかなー。

 

すっかりUニクロウォッチャーだけど、たまにはっとする。叔母が贈り物包んでくれてた伊勢丹のチラシとか、ニュースのインタビューに答えてる女の子がおしゃれだったりすると。こういう刺激というか眼福は大切な気がする…。こっちでもごくたまに、わーおしゃれ、すてき、と思う人を見かけるけど。また、大きな街だからと言って当然ながらすべての人がおしゃれな訳ではないんだけど。大きい街の、流行がくっきりしすぎる傾向は好きではないし。でもやっぱり、売られてるものがほんとに違うし人の母数が大きく違うので、目を引かれる回数は全然違うし、色んな素敵さとすれ違える。雑誌とかネット眺めてるのとはまた違って。多分、雑誌にしろネットにしろ、ある程度自分が探してるものを見ているけど、街だと探してない素敵さに出会える。(本に似てるかも。ネットで本を買うと目的の物しか見ないけど、書店、図書館、古書店だと思わぬ出会いがあったりする。)何ていうか、きれいなものに飢えてるんだな私。媒体じゃなくて直接見たいんだな。