読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本

 久々に絵本。

The Snowy Day

The Snowy Day

 

 切り絵、スタンプ、ベタ塗り、薄塗り、色んな手法を合わせた絵がとても良い。

見返しには雪の結晶が淡い色合いで踊っており、本編へ入る前から夢心地。。。

 

雪の朝、ベッドで目覚める男の子の服がアフリカンぽくて、読み進むと出てくるお母さんの様子などからもやはりアフリカンアメリカンのようだった。表紙からは全く気付かなかった。

 

後で調べたところによると、フルカラーの絵本では初めてアフリカンアメリカンを主人公に据えた作品だそう。もとは挿絵画家だった作者が、アフリカンアメリカンやその他のマイノリティーが主人公の作品ってないんだなと気付いて自分で書くことにしたそう。1964年の刊行。その年の優れた子ども向け絵本に贈られるCaldeott Medalという子ども向け絵本の賞を受賞してます。

Welcome to the Caldecott Medal Home Page! | Association for Library Service to Children (ALSC)

 

で、Wikiによると、作者自身は黒人でないことをがっかりする人も多かったよう。それはまあ想像できる。確かに私もこの本を読み、上記のような経緯を知ると、作者もアフリカ系かなと思った。Ezraという名前もアフリカ系なのかなと推測したけど違った(ポーランドユダヤ人、ブルックリン生まれ)。私は別にがっかりはしないけども。

 

さらに批判を受けたりもしている。文中で人種について触れていないとか、人種の違いを無視すぎていて(wikiによると、too integrationist 差別撤廃主義者、とある)、アフリカンアメリカンの文化や人種を表したり讃えたりしたものではないとか。刊行がちょうど黒人や黒人の文化を讃える意識が高まった時期でもあった。

 

ちょっとこの辺りは私には想像が及ばなかったな。黒人が主人公なんだけれど、だからどうこうっていうのじゃなく、子どもが普通に雪の1日に興奮して楽しむ、という話なのがいいなと思ったんだよね。

 

でも差別の歴史があり、それがずっと続く社会で被差別サイドで生きていれば、なんで白人が黒人の子の絵本を書いてるんだ、と、黒人や黒人家庭のことも何も知らないだろと、思う気持ちも、あくまで想像だけれど想像はできる。

 

圧倒的に優位な立場である白人が、黒人をモデルにした作品を描くことで利を得るという構図は不平等、新たな搾取、軽く扱いすぎ、と捉えられることもあるのだろうな。全く普通の日常を描いているにしても、主人公が黒人であるということで注目を集めた、ということはあるだろうし。

 

最近、Vogueの白人モデルと日本文化を併せた写真が問題になっていて、あれも私はへーと思ったのだけれど。白人という圧倒的マジョリティーが、マイノリティーの文化を扱うことってデリケートな領域なのだな。アートへの昇華に見えるような場合でも。

 

Prof. KellyのBBCインタビューのナニー騒動も思い出した。私も一瞬ナニーだと思った後に、でも母親かも?と思った。第一印象がナニーだった理由はいくつかあって。ナニーはアジアンが多い。子どもがミックスに見えなかった、白人に見えた。父親との服装の違い(父はビジネススーツ、母はカジュアル)。あの慌てっぷり。くらいかな。多分、床に座る文化のない人にはかがんで床面を移動する彼女の姿もナニーっぽく映ったのでは。

 

人種とは、PCとは、と、思いがけない方向へ思考が運ばれましたが、この本については、単純に絵の素晴らしさを味わうといいと思います。本当に、心が温まったり楽しくなったりする良い絵なので。

てれびの話を丸呑みしないで・・・

てれび

ガッテンは視聴率が上がってよかったよかったみたいな感じでしょうか。。。

今日は私は全然見ていないんだけど、見終わった家族が二名大いに盛り上がっており、ドラッグストアへわざわざ出かけて、コラーゲンを購入していました。

実験する、ということなんですが。

なんかショックで、

頭痛い。。。

書くのも恥ずかしいと思ったけれど、ショックが大きくて、吐き出した方がいいかなと思って。

 

悪いことに、二人とも乗せられやすい上に、家族Aが家族Bを煽るという構図があって。

AがBに「買って来い、買って来い、今買って来い」と言ったのだろうなと。

普段夜買い物に行ったりしないので。

(おれおれさぎにひっかかるとしたらこの構図。。。Bがどうしよう...と相談すると、Aが何をぐずぐずしているのだ、早く振り込んでやれ!と言いかねない。。。)(のでそんなことにならないよう気を付けてねとは言ってる)

 

いくつかの事例を挙げて話しても話にならないので、話さないのがいちばんなのかな。

(家族は話をずらすとらんぷ論法タイプ。。。)

話さなければお互いストレスにならないし。

でもここまでなんだなーとショック。

本当は頭では少しは分かってるけど指摘されたのが嫌でむっとしてるようならまだいいけど、そうではないんだろな。

ある方面に関してはなんでもかんでも反論するタイプなのに、どうして一応自身の専門領域なはずの健康・医療関連となるとあんなに素直にテレビネタを丸呑みしてしまうのだろ。。。(時には医療ドラマ見て最近はすごいな…なんて言っててもう、、、)やはり何方面にせよ自分の頭で考えてないということなのかな。批判又は肯定の一択。

 

効くことを期待している上に、私への反感も相まって、コラーゲン効いたわーてことになるんだろうけど、プラセボでも、まあ、気持ち軽くなるなら、いっか、、、

膝にヒアルロン酸みたいな、、、

 

ほんとショックが大きかった。

先週の謝罪見た後でこれだから。

先週のことも、納得した、とか言ってしまってる。(半分は私を煽っているのかと、思いたいけど、でもほんとに納得してるんだと思う。)

何をどこまで謝罪したんだろ。学会の抗議文や監修?医のコメントも踏まえたのかな。サイトの謝罪のままなら却ってガッテン深まってしまった視聴者もいるのかも。

テレビの力の強さを思い知らされたわ。

 

はあ。

もーいいや。

番組は良くないけど。

家族に関して私に必要なのはスルー力だな。。。へえ~とふ~んとそうなんや~で丸っと。話して互いに何か得るところがあるなら良いけど、どうもマイナス。

 

てれび

学会から抗議、厚労省から注意、東京都(福祉保健局薬務課)は調査。

 

番組が謝罪文出してた。よくある通り一遍な文面だけにとどまらず、割と細かく「反省」していて、肝心な箇所(適応外処方ダメ)等もコメント入れてたけど。

 

でもあの番組見て信じちゃう人は番組サイト見たりしない層じゃない?次回謝罪・説明入れるそうだけど、その部分を見られない人もいるでしょうから、コラーゲンの間外枠でずっと流したら(災害情報みたいなやつ)? (でやっぱり予定通りコラーゲンはやるのかな...)

 

本来ならコラーゲン止めて1回分割いて、謝罪文に上げてるこうすべきだったあーすべきだったこれは不適切だった等々の事項を検討したらいいんじゃないかと思う。データがあるっていうなら紹介したらいいし。

 

(以下謝罪文気になったとこあげてますが切り取りなので、興味のある方はサイトの全文見て下さい。)(リンクはしてませんが。)

 

睡眠障害が血糖値の異常をもたらすことは、シカゴ大学など様々な研究機関から報告されており、広く知られています。」そういうの番組で丁寧に紹介すれば?そのための番組でしょ。

 

「運動障害の副作用は少ないとはいえ、悪夢や頭痛などの別の副作用は報告されており、大変不適切でした。」運動障害の副作用少ないですかね?使用後の運転や機械操作だめじゃない?

 

「薬剤名がわかる状態で薬を手に持つ映像を紹介したことも、あたかも番組や病院が、この薬だけを推奨しているかのような印象となってしまい、配慮に欠けていました。」繰り返し紹介して、推奨してたよね。。。広告・宣伝だったよね。推奨ありきでしたとは言えないだろうけれど。

 

「この混乱を招いてしまった原因は、ご出演して頂いた専門家ではなく番組にあります。お詫び申し上げます。」原因は番組だとしても、責任は出演した専門家にもあるよね。よく出たよね。テレビ出るより論文出そう。

 

なんかこの件気になって、どこまでひどかったっけと見直してしまった。見直したらほんとひどくて起こしてしまった。(以下も切り取ってるので。番組中には、寝酒はダメとか、暴食はダメという、まともな注意もありました。)

 

(ナレーション)(糖尿病治療38年のベテラン医師と所属病院を紹介)「(この医師が)デルタパワーに注目して、糖尿病の全く新しい治療法を生み出しました」「使うのは、この新しい薬。なんとこれ、デルタパワーを生み出す新薬だというんです」テロップ「デルタパワーを出す薬」医師が手で持つ薬アップ

(ナ)「この薬を17人の患者に使ったところ14人が改善。なかには血糖値が30下がったという患者もいました。」(数値などの詳細データはなし。使用期間や食事量や運動量などについても言及なし。)

(医師)「薬物っていうのも最近進歩してて、こういうのを使うことで血糖管理というのは非常に良くなるということになります」

 

番組に出演の糖尿患者1名をこの医師が診断、

(ナ)「診断の結果、デルタパワーを増やすあの薬が処方されました」画面に医師がカメラに向けて持った薬をアップ

(医師)「是非ともお試しいただきたい」

(患者)「それは是非ともやらせて下さい」

1週間服薬。血糖値140台が112に。

(ナ)「血糖値以外にも嬉しい変化があったんだとか」

(患)「体の動きが軽くなった」

(ナ)医師が手にした薬をアップにしながら「デルタパワーを増やして血糖値を下げるというこの新しい薬、こんなに、効くんですねえ!」

テロップ「デルタパワーで血糖値を下げる新薬」(5色使いのテロップが緩やかに回りながら徐々に拡大される、、、バックに盛り上げる音楽)

 

例の医師がスタジオに登場。

(医師から睡眠と血糖値のサイクルの説明を聞いたゲスト)「ふーん、睡眠だけで、変わるんだ?」(だけでを強調)

(日中の眠気は?に答える医師)「もう既にそこらへんは解決できます。こういう薬剤っていうのは新しいですので、非常に安全性は高くなってます。実は、睡眠だけにピュアに効きます」「(新薬は)自然な睡眠を上げてくれる」

(司会)「これ本当にピュアに睡眠だけに効き、体に悪くない。いわゆる副作用も?」

(医)「これ非常に副作用の心配がなくなってますので、糖尿病の患者さんなんかも割と気軽に飲んで頂いて」

 

(医)「あの、もし、かかりつけの先生があんまり睡眠の方に意欲を示されない場合は、地域の睡眠センター、外来がありますので、そちらの方にご相談いただきたいと思います」テロップ「糖尿病と睡眠の関係 担当医が詳しくないことも→睡眠外来の受診を」

 

(司)「このもうほんっとにピンポイントに熟睡のみを目指した薬が発売をされまして、ま、徐々に徐々に皆さんご利用の方が多くなって、まだまだご存じない方が多くいらっしゃいますので、先生にご説明を頂きました。ありがとうございました。」(拍手、先生退場)

(司)「とにかく睡眠薬っていう語感は全く当てはまらないぐらいに熟睡ピンポイント新薬が出ました。これで糖尿病、糖尿病予備軍の方も安心して血糖値を下げることができます。ガッテンしていただけましたでしょーか?」

 

宣伝やね、広告やね、アウトやね。ピュアに効くって、制作に言わされてるんだろうけど、ひどいな。

 

でも、この番組を見ても、そして上記は私はこりゃあかんと思った箇所だけども、それだけを見ても、何が悪いの?ちゃんとしてるやん?と思う人がいるんだよ。

 

だからほんとにきちんとした「配慮」が必要な訳だけど、番組も狙ってつくってるし、謝罪文や、色んな記事に商品名・メーカー名が出て、メーカーにしたら宣伝になってるよね...どんな広報もいい広報という。

 

メーカーサイト(ホームではなく医療関係者用サイトのみ。ホームにも載せたほうが良くない?)には「今回の番組はNHKが独自で企画・取材したものであり、xxxからNHKへ情報提供などは行っておりません。 xxxxxは不眠症治療薬であり、糖尿病治療薬としての適応はございません。」とある(社名と商品名はxxxxxで伏せました)。ほんとーに?ほんとーに番組のこと知らなかった?

 

(それにしても見直すとほんとーにひどいね。今回医薬品なので問題大きくなってるけど、最近のガッテンの盛り具合みんなこんな調子。)