10年ぶりではというくらいの久しぶりに、生春巻きを作った。ソースの賞味期限が切れるほど前からソースとライスペーパーを買っていたんだけど、ようやく作る気になった。

 

ライスペーパーにタピオカでんぷんが使ってあって、全然破れなくて作りやすかった。昔作っていたのはよく破れてた。適当に、家にある材料で、大葉、きゅうりの千切り、鶏肉。鶏肉は、スープで煮た一部を使った。懐かしい味だった。両親には初の生春巻きだった。また作ろう。ちくわも合いそうだな。

 

大根と鶏肉と昆布を酒・砂糖・醤油・酢で煮た時の煮汁を少し薄めて、なすとトマトと鶏肉のスープ。この煮汁は色んなスープになっておいしい。

数年前から植えているミントとむかご、この夏初めて花が咲いた。どちらも、花が咲くなんて知らなかった。いつも咲かないのになぜだろ。

 

ミントはやたら増えると聞きますが、うちのは元気な割に増えない。むしろ減ってきてるかも。夏にはいつもバッタのえさになっている。

 

モヒート以外のミントを使った食べ物飲み物はどうも苦手なので、今よりたくさん育っていた時は切って生けていた。爽やかでとても良い。

 

むかごには以前スズメガの幼虫が来て、葉をもりもり食べ尽くしていたけど、その年以来見ない。

この夏の新入り衣類は。Tシャツ・カットソー3枚。ワンピース3枚。よく増えました。(再び書くと、ワンピース、ほんとに色々と良い。今まで気になっていたあれこれが気にならない。洗濯機をいっぱいにしてしまうボリュームのスカート部分も、どんな座り方をしてもふわっと脚を覆ってくれるし、腕を上げても安心の長さ。)

 

夏の終わりの夏物だけど、もうしばらく、30℃以上の日々はすごく使える。購入したもののあまり着なかった昨夏のTシャツ(3枚の色違い…)が、この夏は大活躍でこれ買っておいてよかったーだったので、来夏のこのワンピたちのことも楽しみにしてる。

 

それから、母にはきつくなったスカートを1枚もらった。たいへん気に入っている。よくあるインド綿のもの。ブロックプリント大好きなのだけど、好きな模様ってありそうでなかなか出会わない。これは、ベージュ地に茶・赤・黄緑でほんとに良いバランスで柄があしらってあって、落ち着いたかわいらしさが味わい深くてほんとに好き。

 

(一方、数年前に母が裏地が破れてもう直せないから捨てるというスカートを引き取ったままにしている内にウエストのゴムが伸び切ってしまったのを、夏の初めにようやくけっこう丁寧に直して(ゴムが3本入れてあったのを2本にしたり)、でもなぜか間違えてゴムをきつすぎる長さに入れてしまっていて、先日ようやくようやくゴムを足していた所、「それお母さんのでしょ、そのスカート好きだった」などと母が言うので、「捨てるって言ってたんだよ」と言いながら母のウエストに合わせて直して、母にあげた。)

 

秋冬、買わないぞ。といういつもの買わない誓い。今期は通しで守れるのでは!と、今期も思う。

 

着たいのにいつも着そびれているシャツやブラウス、襟首の詰まったカットソーもニットも昨冬と春に調達済みだし。長年欲しい物リスト入りしてるスニーカーとアウトドアジャケットみたいなのは、良いのがあれば許す。

 

ロングやミディアム丈のスカートが流行っている一方、年配や、30~50、60代くらいの女性で、公のシーンで膝上丈というのもけっこう見かけて、膝が出ない方がいいのにと思う自分は意外と保守的なのか。友人にも、何でも好きな物を着ればいいというタイプだと思ってたと言われた。一応そういう前提はあるんだけど。この友人は、マクロンの奥さんみたいな、あんなにきれいな脚をしてるならどんどん出せばいいと言ってて。それもそうね、という気もする。