別になにじんでもいいよ。他人が気にすることではない。誰であろうと、そこは本人が考えたり考えなかったり、大切にしたりしなかったり、決めなきゃいけなければ決めたりすることであって。

 

「日本人の初快挙」というのは、日本人だし日本人として登録して出てるからその通り。

 

だけど、今まで日本人が誰も成し得なかったことをやり遂げてすごい!というのはちょっとへんかなと思う。バックグラウンド無視し過ぎてて。

 

日本人ぽくないとか、日本人とはいえない等は、ほんと今でもそんなこと言う人いるんだろうか。特に大坂選手についてそういう言葉は目にしなかったんだけど。まあ個々人でそう感じる人はいるだろうとは思う。(特に、単一人種・単一文化圏内に人生のほぼ全てを置いていると、外見や話す言葉の違いが与える印象というのは大きいのですよね、ナイーブというか、驚いてしまう。そこは最初は仕方ないとこもある。)

 

一方、否定したり疑問を抱くのと同程度のおかしさで今回割と目にしたのが、彼女はとても日本人らしい!日本人の心を持ってる!という主張。それもおかしいでしょ。なぜ他人が。人の属性を決めたがるのか。どうでもいいではないか。そんで日本人の心ってなんだ。

 

中でもひどくきもちのわるい記事を読んでしまった。脳科学者の人が「日本人らしさって何?大阪なおみの快挙を雑音なしに称えよう」というタイトルで書いているんだけど。中身がタイトルと違うじゃないか。君の記事が雑音だよ。このタイトルをそのままあなたに贈るよ。

 

終始「雑音」がなんなのか明示しないんだけど、文脈から推測するに、彼女が日本人であることを否定または疑問視するような見方のことを言っているのだと思う。

 

昨日の会見のことを受けて書いたのかな。もし会見後なら、本人が、「私は私」と明確に答えているのに、なぜこういう記事を書くんだろう。。。

 

ひどい箇所を少し抜粋、と思ったら、ひどい箇所がすごく多かった。。変な文字列が自分の日記に並ぶのいやだし、また長くなってしつこいし、書くのやめようかと思ったけど、抜いてきちゃったので書きました。

 

では、なぜ「雑音」が生じるのかと言えば、大坂選手が「典型的な日本人」なのかどうか、という迷いがあるからに他ならない。

 

日本「村」の「村民」として、大坂選手を自分たちの「仲間」だと思えるかどうか。

この点に、今回の快挙を「雑音なし」に純粋な喜びとしてお祝いできるかどうかの分かれ目があるのだろう。

私個人は、純粋に喜んだ。一方で、そうではない方々もいた。そんな方々が、さまざまな雑音を立てたに違いない。

 

 村意識を前提とした喜びが純粋なら、ここで言ってる「純粋な喜び」って「狭量な喜び」なのでは。 あなたのいう雑音と同程度には悪いし、もしかすると雑音より悪いのでは。回り回って同じなのでは。

 

これからの日本をどう発展させていくか。そのことを考えると、大坂なおみ選手の快挙は、大いに参考にすべき「成功事例」だと思う。

まず、エスニックな背景のさまざまな方が、日本に縁を持って活躍する機会をつくること。

 

いい迷惑だし、全然純粋じゃなくなってるで。それとも彼にとっての純粋な喜び=日本の発展のための成功事例なのか。

 

 

大坂選手が、競技のために栄養学的に考えられた食事を抜きにすれば、試合後真っ先に食べたかったものは、カツ丼やカツカレーだったという。これはもう「普通の日本人」の女の子の感覚そのものである。
 
 「普通の日本人」の女の子の感覚そのものって何…それにあなた女の子なの?分かるの?なんかもうよく分からんけど試合後真っ先に食べたい物は女の子でも(男の子でも)ひとそれぞれじゃない?聞かれたから答えてるだけだし。そして「普通の日本人」ってさあ、多様性に慣れようよ。
 

大坂選手は、その精神性においては「典型的な」「普通の」日本人の気持ちを引き継いでいる。大切なのは、そのことだけである。

 

 彼女のこれまでの全てのバックグラウンドが彼女を形成している。あなたのいう「典型的な普通の日本人の気持ち」とやらではない。

 典型的な日本人ではない人に不安を覚えてしまう人に向けての、不安を解消する答えがこれなんですか。外側を同じにできないなら内側を同じにと。そんなに同じが好きか。好きなんだろな。。。そんなに多様性苦手ですか。。。

 大切なのは、決勝でのテニスが素晴らしかったこと(プレーもマナーも含めて)、それだけだよ。

 

 

日本の良さをどう発展させるか。グローバル化の時代に、どう適応するか。そのためには、日本の精神性のコアを大切にしつつ、日本や日本人を狭く捉える偏屈さから開放されていくしかない。
 
 日本や日本人を狭く捉える偏屈さに捕らわれた記事がこれなんですが。グローバル化に適応して発展するには多様性に慣れた方がいいよ。
 
 
「典型的な」「普通の」日本や日本人が何なのかということについて、狭い考えを持つべきではない。ましてや、それを「雑音」として人に押し付けるべきではない。
 
  全面的にブーメラン。唯一大切なのは「日本の精神」という狭い考えを押し付けている。
 
 
大坂なおみ選手は、試合前のインタビューで、セリーナ・ウィリアムズ選手のことを「愛している」と発言した。

また、対戦する時にはただのプレーヤーになるけれども、試合が終わってハグする時には、またウィリアムズ選手に憧れる一人の少女に戻る、とも発言した。

このような発言は、最良の意味で、日本的な純粋さが表れていると言えないだろうか。

 

 さっぱり分からないな。。。少なくともここには日本的な何も表れていない。表れているのはなおみらしさ。

 純粋だけでは事足らず「最良の」と。最初の方から感じてたけどやっぱりこの言葉の使い方はこわい。

 

 

結論を言おう。今回の大坂なおみ選手の全米オープンでの優勝は、日本人としての素晴らしい快挙だった。
 
彼女の闘いぶり、そして発言には日本の精神性の良さが如実に表れていた。大切なのはそれだけであって、それ以外のことはすべて「雑音」である。

 

 「結論を言おう」なんてあるから、何書いてあるのかちょっと期待したら、ここまで長々と述べたことを繰り返してるだけだった。

 表れていたのは「日本の精神性の良さ」ではなく、大坂選手の成長。そしてその成長は、色んなルーツの人が集まったチームが支えてる。

 最後の一文がほんとうに純粋な雑音だわ。

 

 

どうしたの?どうしてこんなに狭量なの??

 

詰まる所、多様なルーツを持っていても、僕の思う「日本的精神」を持っていれば日本人だと。

 

ほんと、多様性に慣れた方がいいと思うけど。。くにのはってんのためにもなると思うけどな。。。

 

専門領域で注目されて一般のメディアに出始めた頃の話は興味深くても、その内あらゆる方面についての識者的発言やお仕事が増えてくるとあれれ??となる人少なからずで、この方もそんな感じで、ずいぶん前から書き物などを目にすることもなくなっていたんだけど。今回のこれにはびっくりした。

 

日本すごい系の人とは思っていなかったし。お仕事もらうために媚びて書いてるのかな。そういうことはしなそうな人だと思っているんだけど。本当にこう思っているんだろうか。 

 

抜いてきたとこ以外も色々おかしかった。(切り取ると全体が見えないからあまり良くないと思うけど、全部読んでも変わらずおかしい。)

 

だって、「アメリカなら誰でも典型的なアメリカ人になるけど、日本は違う」って書いてるんだよ。いやアメリカでも色々だし。日本だって色々でしょう。この説に乗せると、幼少期からアメリカに住む大坂選手は典型的なアメリカ人なはずなのに、がんばってがんばって典型的な内面日本人枠とやらに嵌めようとしてる。

 

まじめに読んでばかだったかな。いつもはこういうの見かけても読まないようにしてるんだけど。つい。

 

あと、さんざん持ち上げて後で落とすことを心配してる人がいて、そんなことあるっけ?とぴんとこなかったんだけど、この記事読んでるとそういう心配も理解できた。自分たち勝手に作って勝手に押し込んだ枠に嵌らないことがあった時、受け入れられなくてたたいちゃうってことなんだろな。

大坂選手関連で、もっとメディアに上がって、お茶の間にもスポーツに関わる人たちにも、スポーツじゃなくても指導したりされたりする人たちに届いてほしいのはこれ。

headlines.yahoo.co.jp

 

大坂選手の父の話として、

「彼女に合わせて、上から教えてるんじゃなくて同じ目線。だからいい環境をつくり上げている。彼女はそういうのじゃないとダメ」。フランソワさんによれば、大坂が子供のころから「自分で勉強したくなかったら身につかない」と自主性を重視してきた。上から押さえつける指導は彼女の性格に合わずに「強く言うほど嫌がる」。バイン氏はフランソワさんの思いを汲んで徹底的な対話路線を敷き、大坂の能力を開花させたのだ。 

 

パワハラの話が次々出てくる日本のスポーツ界にこの話をぜひ。子どもにスポーツさせてる保護者や選手自身にも。(スポーツだけじゃなくてなんでも。)

 

指導者が日本を出てみたら、日本でやっていた上からの指導では全くだめだった、という体験は聞いたことある(これはイタリアのバドミントン、高校生くらいの話でした)。

 

これまで報道に上がってるスポーツパワハラ関連の中でも、女子体操の選手の話がとてもつらい。小さい頃からのコーチで、成績が出ているので、保護者共に暴力を容認してしまってきたようだけど。

 

体や言葉の暴力がなくても、あなたはきっと伸びていた、もしかしたら、今よりも伸びていた可能性だってある。ということを、誰か教えてあげてほしい。暴力はあなたの尊厳を認めていない、あなたを大切にしていない行為だよ。あなたが負傷する可能性だって大いにある。選手のための暴力だった、なんてことはない。指導者に指導力がない、指導法を知らない、無意識であっても指導者として選手より上の立場にいたい権威欲を満たしてるだけ。それを、「選手のため」という偽意識でカバーしているだけ。

 

それにしても、トップレベルでもこんなにパワハラ横行してるなんて。昔からの常態に、2020への予算や権威や熱量の高騰も火を注いでしまっているのかな。

 

若手の指導者でもひどくて驚くのだけど、指導者の指導って、今もあまりないのでしょうか。

 

(ところで他紙で大坂選手は「幼いころから父親にテニスをたたきこまれた」という一文を目にしたけど、「たたきこまれた」は違うのでは。適当にそれっぽい日本語を並べる記者やライターさん多い。雰囲気で選んだ日本語の意味が違ってることも多い。言葉のお仕事する人たち言葉を磨いてほしい。)

日本語も難しい

というか、間違いなく伝えるって何語でも難しい。

 

また昨日の会見の話です。

どーして通訳はあんな訳を??と考えていて、ようやく気が付いた。

 

記者:海外の報道などで、大坂さんの活躍ですとか存在って言うのが、古い日本人像を見直したり考え直すきっかけになっているっていうふうな報道があるんですけれども。ご自身のアイデンティティーというのも含めて、その辺をどのように受け止めていらっしゃるか、お考えを聞かせて下さい。

 

これを、通訳はおそらく、

Your performance reminds us (them?) of an old style Japanese

みたいな感じで伝えている。聞き取れる範囲での推測ですが、なおみさんの反応(私のテニスが??)を見ても、多分そう。

 

「見直す」「考え直す」を「忘れられた良さを改めて認める」と理解されたんだろな。確かに。この日本語にはその意味もある。

 

そう考えると、「古い日本人像」をなおみさんの謙虚さや礼儀正しさみたいなことと取ると、記者の質問も辻褄が合う。「なおみさんの活躍で、なおみさんの謙虚さや礼儀正しさが伝わる報道が増えて、そうした伝統的な日本人像の評価が改めて上がっている」みたいな感じで。

 

辻褄は合うけど、記者の意図とは全く違う。(記者の日本語が悪い。なんとか失礼にならないように考えた結果なのだろうけど、伝わらない。誤解しか生まない。)(どうして伝わらなかったか、記者さん今は分かっているといいのだけど。)

 

私の最初の理解は、「古い日本人像」=「謙虚さ等々の良いこと」、「見直す」=「わるいことを改める」のだと思い、良いことをやめていこうって?訳分からん…となっていました。(私個人は、謙虚さや礼儀正しさ等々が日本の伝統とは思っていないですが。)

 

ほんと、一度思い込んだことって、頭から剥がれにくいものだな。(ということが時折あるので自分も気を付けなきゃと思います。)

 

(ハフポツイッターでは「大坂選手の活躍で、日本国内では、多様なルーツを持つ人を巡る議論が起きていることへの受け止めを聞かれ、」ときれいにまとめられてる。)

 

事務所もスポンサーもしっかりしてるのだし、外国人特派員協会の会見に出るレベルの通訳をつけてあげてほしい。通訳するに当たり、なおみ関連記事を読み漁り(biracial Japaneseであることについての記事は確かにある、複数ある)、「アイデンティティー」の言葉が出た時に、記者の意図を解せるような、解せなければおかしいなと思って確認できるような。

 

昨日のこれや、他にも通訳付けずに話していて、日本人(インタビューしてるアナウンサー等)が必要に応じて訳してて、訳せなくて流したりしてるのもあったりするし。できれば決まった人を付けた方がいい。

 

この記者やこの質問について多く上がっている批判は的外れだと思う。日本語がひどいのは悪い。けど内容はいいよ。伝わらないとこが最低なんだけど。。。

 

彼女の活躍が報道され、biracialやbicultural(multiracialやmulticultural)だと日本人でない・日本人らしくないと言われることの少なくない風潮・文化が変わるひとつのきっかけを生んでいることについてどう思うか、自身のルーツやアイデンティティーをどうとらえているか、を聞かせてもらうことは差別的ではなく、何が差別なのかとか、差別をなくすことを考えたり大切な話だと思う。自信のbi-/multi-のルーツで悩んだり考えたりしていて聞きたい人もいるだろうし(別に聞きたくない、いつもこの話でうんざりという人もいるだろうけど)。

 

これまでも話してるし。(これを受けて、ハフポスト記者は「海外メディア」で伝わると思ったんかな…)

www.nytimes.com

 

このNYT記事を受けてのこれ↓

記者会見では「NYタイムズの記事を読みましたか」という記者の質問に対して、「もちろんです」と答えた大坂選手。

「どう思われましたか」という質問に、彼女はこう答えていた。

「あの記事が出た翌日に、私と同じようなハーフの子たち(ユースのプレイヤーたちのことだと思われる)がたくさんやってきて、自分たちも同じだ、といってくれたのです。
その時、私は子どもたちにとって、尊敬される存在でいたいと思いました。同じような子どもたちにとって見あげる存在になれたら、と思います」

USオープン優勝! 大坂なおみ選手の「ハーフ」の思い – New York Niche・ニューヨークニッチ

 

Tennis star Osaka named Nissan ambassador, gives hope to biracial Japanese | Reuters

(上記ロイター記事の映像) https://twitter.com/Reuters/status/1040299068365389828