「なまいきシャルロット」が配信されていて、そういえば映画自体を見たことはないのでは、と見てみた。見たことなかった。主演のシャルロット・ゲンズブールやファッションが注目されて何かと目にするので、見たことはないのにすごく知っている映画な気がしていた。

 

ストーリーや俳優さんたちや映像も良かったし、ファッションにかなり心を持って行かれた。シャルロットの襟の形も良い大きめ白シャツ。肩と袖上部分は抜いてあるボーダーT。ジーンズの形。父親や、あの男性が仕事に着ているダスターコートみたいなの。父親のほんのり紫な水色のチノパンみたいなの。ワンピースやカーディガンやブラウス。などなど。

 

シャルロットの演技もほんとに上手で、思春期の少女が色んな人に見せる色んな表情が演技と思えないくらい。

 

あの男性との流れは気持ち悪すぎるわけだけど、シャルロットはちゃんとこれは違うこれは嫌だという自分の気持ちを自分で理解し、しっかり自分を守るために強く出れたの良かった。(拒否してもやめない大人から逃げるの、心理的にもだけど何より力の差で現実ではなかなか難しいだろうと思う。)

 

一方で、これは今も無料配信OKして良いラインなのかけっこうびっくりした。今でなくても、当時でもそこ映してよいの?と、映す必要があるの?と。児童や未成年のその辺り厳しいはずの国でも放映OKなんだろうか。

 

そういうの見せられちゃうと、序盤の更衣室の女性も大人だけどそのはだか別に要らないよねと思ったり。話がそれるけれど、セクハラ関連で色々記事などを呼んだりすると、やっぱり女優だからってはだかありじゃなくていいよ、と思うようになった。昔の海外の映画で男女とも普通に全部出してるのはまあそれはそれでいいとも思うのは変わらないけど。

ジャケットリサーチしていて、barbourの流行りっぷりを知る。好きで買いかけたけれど重さに負けたことが過去に。軽い加工のも出ているのかな。何年か前に、地味だったファミリービジネスが再起・大きく成長みたいな記事が出ていた。今もっと伸びているんだろな。

 

若い頃よりこだわりが減った、というか、変わった、というのが正しいかな。トレンチならトレンチの要素を網羅していなくては!みたいだったのが、軽い方がいいし必要ないからあれもこれも付いてなくていいな(戦地へ出かけないし)、となってきてる。最近のアウターに対する要求は、袖繰りが広いことと、おしりをカバーする長さ(防寒)。

 

秋に買った何もついてないトレンチ、シンプルなのいいですねとお店の人にほめられてそうなんですふふふとなる。お店の人はただ褒めてくれただけかもしれないけど。ベージュだとボタンすら悪目立ちして目にうるさい気がして、このシンプルさ気に入っている。

 

迷ってるコートとシャツ(検討アイテムにシャツが増えた)、火曜に付近に行くから、その時まだあったら決めようかな。

取寄せたジーンズと家にあったジーンズの裾上げへ。取寄せ分は系列店で無料だけど、お直し屋さん値上がりしてて地味に(200円のアップ)ショックを受けつつ、でもデニムは厚くて家では大変だしこのままだと時が過ぎるばかりなのでお願いしてきた。家族の昔の物なんだけど今履きたい良い形。(これ見つけて古着屋さん漁りに行きたくなったけどもう十分なんだから止めておくべき。)(でも裾切りっぱなしにする分を見つけに行きたい。)昔デニムも自分で上げたことあるような気もするけど。自分で上げるつもりのパンツが2本あるしそっちをがんばろう。

 

裾上げを待ちながらモール内をぶらぶらしていて、全くかわいくもかっこよくもないベージュのジャケットが目についた。全然かわいくないなと思いながら袖を通してみた。(なんで手に取ったんだろ、このかわいくなさはいったい?という気持ちだったんだろうか。)そしたらなんだかかわいいし似合っていて、袖口とか、身頃にいくつか付いてるポケットの具合とか、小まめにかわいかった。デザインは良いのかな。

 

この春はワークジャケットだったりミリタリージャケットだったりサファリジャケットだったり、ポケットたくさんのジャケットをよく見かけるけど、別に特にどれにも惹かれていなかった。

 

でも1枚、そんな感じのジャケットを長年愛用しているし(色が少し褪せて来たので似たようなのが欲しいと思っていた)、別にもう1枚愛用していた。着なれ感故に、見つけた1枚を好ましく感じているのかな。(ポケットは便利です。)

 

ファストファッションのお店だったので価格的にもつい手が出そうだったけれど、今は既に立てた春夏のお買物計画から減らしていく段階なのでひとまず帰って来た。ファストファにしても縫製がひどかったのも(これはアウトでは?というレベル)(他の製品はそこまでひどくなさそうだった)これ即決しちゃだめでしょと思った理由。素敵な衣料品をあまり見ていないために目がおかしくなってるのかもしれないし。(でもやっぱりデザインはがんばっているのかも。)ベージュのアウターは既に色々あるというのも。

 

もう全く寒くはないけど1枚だと心もとない時に良い薄さではあった。今日のパンツにも合っていたし、ロングスカートや、かわいらしいアイテムにも合うだろうな。もう1本の裾上げを引取りに行くので、また見てしまうだろう。コートはどうするんだ。必要なのか。自問の日々。

 

それにしてもそのジャケット、ネットで確認すると本当にかわいくなく、誰が買うのと思うほど魅力がない。見てもかわいくないけど着るとかわいい服ってあるけどそれにしても。衣類の不思議。不思議すぎて買いそう。