読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古着屋さんへ行くんだよ、と母に話すと、どんなのを持って行くの?お母さんが着れそうなものがあるんじゃない?と聞くのですが、母も服があふれているので、ないほうがいいし、今回は本当になかった。

 

けれども、保留にしていたどピンクのカーディガンをあげた。断捨離のタブーだけれど、でもサイズもちょうど良いし、母にも明るすぎかなーと思ってたけど、意外と、これくらいはいいかも、という感じで。かわいらしく似合っていた。私自身、おばあちゃんになったくらいがいいんじゃないかと思ったりもする色だったし。

 

せっせと着るように勧めよう。そして以前、私の処分品から母が回収してさっぱり着ていない物を見つけ出して処分にまわそう。この度、母も少し服を片付ける気持ちがわいたようなので、消えないうちに、一緒に見直そう。

 

もう二度と会わない方がいいだろうなどと思うこともありますが(笑)、でも母ってかわいいなと思うのです。