読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりに色んなタイプの日本語をたくさん使って消耗して、もっと良い日本語を使えなくちゃと、もっともっとと、私の積読(つんどく)本棚に求めたら、あれもこれも、けっこう良い。私の本棚良いではないか。

 

興味があって買ったもののいまいち乗れずに読み切れずでも捨てられずずっと一緒に引っ越してきた本もなんだか、ようやくおもしろい。

 

文字通りの積読本(横に積み上がってる)と、本棚の積読本たち。今年も読み切ることなく終わってしまうのか。本当に、しばし図書館や本屋さんからは身を引いて、これらを消化したい。読み返したい本もあるし。

 

出版から年数がたった本のおもしろさは、その時にはなかった今や今までが、今はあるので、時代の違いとか変遷とか、あの頃もこの言葉あったんだとか、あの時古いものが今新しかったり、そういうあれこれにもある。こういうおもしろさは新鮮で、年を取ったから感じるおもしろさなのか。