読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の衣類

衣服

本の記録休憩。

 

5月、6月になると、真夏に備えてコットンボイルで検索してしまう。今年は割と涼しい5月だったかな。日射しが眩しくて、暑いな!という日も1日くらいあったけど。梅雨入りしたけれど、まださほどじめじめしない。涼しい日もある。

 

もう3年は前から迷っていたコットンボイルのストールをネットで購入。コットンボイルといえば、な、インドの木版のもの。三角形がつらなっていて端はボーダーの幾何学系。こんな模様に惹かれるのはおかしいんじゃないかとも思いつつ、薄めのグレーと地の優しい白っぽい色の組み合わせが妙に気になって時々思い出しては、まだある、まだある、と、サイトを見ていた。柔和な色使いなので幾何学模様もぼんやりと柔らかくておかしくない。好きである。正解だった。もう1枚、黒や白やカーキのまざった細かい花模様のも気になったけど、やっぱり黒が強く出るし、洗えばグレーになって行くかななんて思ったけどそんなこともないかもだし、黒は素敵な色だけど夏にはどうしても顔回りに着る気分になれないので止めたのも正解。

 

今年は早い春からノースリーブニットが出ててなぜそんなに早いの、カーデと組んで売りたいのか、私は長袖や半袖の、首元の詰まったクルーネックのニットが欲しいのに、と思っていた。いいのを見つけた時には半袖なのに売り切れていたり。もうニットは諦めようと思っていた。カーディガンで良さそうな詰まり具合の物をネットで見かけたけど、カーディガンはセーターになりえないと思っていたので実物はずっと見に行っていなかった。んだけど先日行ったら、こんなに詰まってくれてるセーターには出会えてない、満足の首詰まりで、これならセーター代わりになるわと白グレーネイビー3枚行ってしまった。これからには若干生地が厚いけど、冷房効いた場所にはいいし。上のボタンを1つ2つ外した雰囲気も良い。カーディガンあり過ぎではあるんだけどな。。。これはセーター代わり。と自分を説得。

 

1枚全然欲してなかった真っ青のトップスをなぜか良いと思って買ってしまい、家に帰って間違えたなと返品させてもらい、別のお店で涼しそうなインナーを試着させてもらい、色がなかったのでお取り寄せできるか確認してもらい中。取り寄せても、試着して決めればいいと言って下さってありがたい。色によって使ってる糸が違う等、肌触り違うこともあるので。

 

開きの深いインナーも、浅いインナーもいるし、あれこれ要るなあ。結局毎夏何かしら買い足しているし。なかなかクローゼットすっきりしない。