読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終了~

終わった終わった。そしてあっという間に1週間。印象良くなかった人は終盤へ向かうにつれ悪印象の谷を転がり落ちていった。こういう人もあるんだな。最初は計画的にキャリア積んでて偉いねなんて思ったけど。名刺のポジションの英語が本来よりかなり上だし。けっこうデリケートな世界なはずなんだけど。組織で管理しないのか。この色々は若さ故だろか。でも若くてもも少しちゃんとできてる人たくさんいるよねきっと。(まあ私も若い頃色々と失礼して誰かを嫌な気分にさせてたりしたかもな…。)

 

 

スピーカーは良い人で助かった。若者は彼のことをあれこれ言っていたけど、結局は本人の言語能力と伝達力・想像力が足りなくてそれに気付いてないんだろう。彼には色々とストレス生まれてそうだった。多分彼が日々接している人たちはもう少し発言のレベルというか…色々違うんでないかな。私まで少しくらっとした。

 

ここまでやる必要はないのかもと思いながら準備するけど、役に立つこともやっぱりある。(まあやってなくてもどうにかなることだけど。)色々面白かったし、やって良かった。と思えて良かった。

 

今まで色んな発音も割とすぐ把握出来てたけど、今回は新鮮だった。前日にスピーカーと話す機会もスピーチ聞く機会もあって、所々聞き取りにくいのに「これ」という特徴をつかめなかった。当日互いに聞き取れないことが数回あって、Vを強調して言ったけど通じず、どうもVはBらしいと気付いた。帰って調べたらBですらなくWだった。(こういうのも調べとけばよかった。色々サンプルは聞いたけど気付かなかったー。)