読書

来日時に収録してた、カズオ・イシグロのNHKの番組、再放送きっとあるよね。 おもしろいてれび - divertimento と思ってたらあった。明日です。早い。 www6.nhk.or.jp ノーベル文学賞:「イシグロさん、弱者への優しさ昔から」 - 毎日新聞 いとこの方の話。…

(カズオ・イシグロと日本のメディアについてみたいなこと)

自宅前での会見映像あった。 www.youtube.com どの質問にも丁寧に、そして楽しんで答えていて、プレス担当の人かな、もう時間がないので終わりに~と言ってる後もそう。すごく良い意味で、普通に性格が良く、普通に礼儀正しく、賢い方だなという印象。 新聞…

で、なぜ受賞なのかな。 アカデミー発表のコメント(英語) "who, in novels of great emotional force, has uncovered the abyss beneath our illusory sense of connection with the world" ということなのだけど、でもそれで、なぜ。 (横道ですが、この…

カズオ・イシグロ、原書で読んでみたいなあ、読んでみようかなあ、でも読み切れるかなあという方におすすめなのはこれです。 Nocturnes: Five Stories of Music and Nightfall 作者: Kazuo Ishiguro 出版社/メーカー: Faber and Faber Ltd. 発売日: 2010/01 …

受賞により色んなメディアでイシグロさんの話が聞けるのは嬉しい。 好きな作家が受賞して嬉しい、という気持ちではないようなのけど。いかんせん、意外で、なんで??という気持ちが勝っている。ノーベル文学賞に圧倒的な重さを感じていないからかもしれない…

イシグロさん、やっぱりオッズにも入ってなかったそうで、ほんとに、どうして???という感じだ。 これを機に、貸して帰ってこないままのNever let me go 買い直そうかな、、、黄色い背景に水色のドレスの少女の表紙がとても好きだった。 もう10年以上も前…

wooooowwww.... カズオ・イシグロがノーベル文学賞??? 好きな作家ですが、とても意外だ。 予想には出てたのかな?? (まさか日本のメディアその他は彼のことまで日本人枠に入れないよね) 今日はスウェットパンツとスリム気味のジーンズにしばしふらふら…

Tシャツと私

さんざん苦悩して持ち服を少しずつ減らし、Tシャツともずいぶん対話を重ねてきたというのに、先週後半からTシャツのことばかり考えていた。たくさん時間を費やしてしまった。歯絡みのストレスの反動だろうか。 そして複数枚を導入。ネットでの購入。最後の…

まだ歯の話色々あるけど、読んだ本のこと。 黄色い雨 作者: フリオリャマサーレス,Julio Llamazares,木村榮一 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ 発売日: 2005/09 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 16回 この商品を含むブログ (38件) を見る タイトル…

地元に古くからある人気の書店へ友人と行った時、こういう空間にいると本がたくさんあり全部読むことができるのだろうかと圧倒されるような気持ちになる、と友人が言った。(その書店は、人気なのもなるほどな品揃えでした。雑誌のバックナンバーや、新刊に…

読書の仕方

読書の仕方を改めたいなと思っている。読んでいる本が面白いと、読み終わっていないのに、著者や気になる箇所について調べて、ネットの情報を読み漁ったり、関連書籍などに手を出してしまうこと。 ひとまず、その著作をしっかり読みたい。 須賀敦子について…

須賀敦子を読む

須賀敦子全集 第1巻 (河出文庫) 作者: 須賀敦子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2006/10/05 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 71回 この商品を含むブログ (81件) を見る まだ全部は読んでいないのにたいそうなタイトルを付けたのは、長年書棚に…

三びきのライオンのこ

www.fukuinkan.co.jp 3匹の子供のいるライオンのお母さんが、1頭ずつに狩りを教えようとするのですが、獲物を襲う母さんの顔がおかしいとか、獲物を逃がせとか、獲物がかわいそうとかいって、さっぱりトレーニングにならない。 でも3匹は仲良く楽しく暮し…

おだんごぱん

おだんごぱん (日本傑作絵本シリーズ) 作者: わきたかず,せたていじ 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 1966/05/01 メディア: 大型本 クリック: 7回 この商品を含むブログ (59件) を見る これと、もっと古いバージョンを読みました。おだんごぱん、という…

12月

昨日だったか一昨日だったかカラムーチョ工場再開のニュース。おおおめでとうございます。製造自体は別工場で行っていたそうで、近隣のお店の棚にも切れることはなく、私の購入も妨げられることはなく。再び我慢しきれず嵌っていた、カラムーチョとポイフル…

久しぶりに色んなタイプの日本語をたくさん使って消耗して、もっと良い日本語を使えなくちゃと、もっともっとと、私の積読(つんどく)本棚に求めたら、あれもこれも、けっこう良い。私の本棚良いではないか。 興味があって買ったもののいまいち乗れずに読み…

こちらは特に誰にもお薦めする訳ではないけれど記録。 はじめからその話をすればよかった (実業之日本社文庫) 作者: 宮下奈都 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2016/04/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 神さまたちの遊ぶ庭 作者: …

Summer Reads 2016

夏の読書。 シーラッハ。 犯罪 (創元推理文庫) 作者: フェルディナント・フォン・シーラッハ 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2016/01/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 罪悪 作者: フェルディナント・フォン・シーラッハ,酒寄進一 出…

また本の記録

おもしろかった。 木のすきなケイトさん―砂漠を緑の町にかえたある女のひとのおはなし 作者: H.ジョゼフホプキンス,ジルマケルマリー,H.Joseph Hopkins,Jill McElmurry,池本佐恵子 出版社/メーカー: BL出版 発売日: 2015/09 メディア: 大型本 この商品を含む…

読書、続き

朝比奈さんの作品についてはひとまずこれが最後。 これ、皆が読んだらいいと思った。 下にはいつもの通り、自分のためのメモ的に記憶に頼ってあらすじ綴っています。(記憶に頼っているのでちょっと違う所もあるかも。) 光さす故郷へ 作者: 朝比奈あすか 出…

読書の記録の続き

しばらく前の続き。 憂鬱なハスビーン (講談社文庫) 作者: 朝比奈あすか 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/03/07 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る いい大学出ていい仕事に就いたけど人間関係で躓き病んで退職。母親とのコンタクトも疎ま…

金のりんご

金のりんご (世界傑作絵本シリーズ) 作者: アルビン・ブルノフスキー,内田莉莎子 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 1982/10/01 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 著者はチェコスロバキア生まれ(1935)。絵も文も。細かくて色…

読書の記録

やわらかな棘 (幻冬舎文庫) 作者: 朝比奈あすか 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2014/02/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る いい色の表紙。裏面では黄色い蝶が一羽飛んでる。 繋がっている短編集。あまり頻繁に小説を読んでいないので、こうい…

読書の記録

本の記録しばらく続きます。 不自由な絆 作者: 朝比奈あすか 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2014/09/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る これもママたちの話。ママなだけでない、女の話。家族の話。赤ちゃんを連れて偶然再会した同級生二人…

読書の記録

この所、女の人の話をあれこれ読んでいた。 何を読んだかとどんな話だったか、忘れちゃうのでメモです。 ちょうちんそで (新潮文庫) 作者: 江國香織 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/05/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る あまり色んな小…

good summer reads 3_こぶたくんシリーズ

こどもらしく、わがままで、時折ひどい、かわいいこぶたのお話。 こぶたくん (こぶたくんのおはなしシリーズ) 作者: ジーン・バンルーワン,アーノルドローベル,Jean Van Leeuwan,Arnold Lobel,三木卓 出版社/メーカー: 童話館出版 発売日: 1995/12 メディア:…

good summer reads 2_STONER

6月頃の読書。 ストーナー 作者: ジョン・ウィリアムズ,東江一紀 出版社/メーカー: 作品社 発売日: 2014/09/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (19件) を見る 翻訳小説って久しぶりに読んだ。おもしろかった。1965年にアメリカで出版。2006年に復刊…

good summer reads 1

久々に本の感想。 かわいかった。 かわいい絵巻 作者: 上野友愛,岡本麻美 出版社/メーカー: 東京美術 発売日: 2015/04/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 色んな絵巻から1シーンをピックアップして紹介してある。絵も話も面白い。今の…

まれは来週あたり、そろそろ、とうとう、脱落かなー。今週頑張ってみてみたけど。いちこ騒ぎで役者さんたちの良さがあんまり光らなかったからな。 あのコンビニ対決、いつも通りつじつまが合わな過ぎて着いてけなかった。全国の数店舗で売り上げた数百万個の…

良質なノンフィクションとは

図書館で通りかかった棚にあるのが目に留まった。ずいぶん前に何かの書評欄で紹介されていて気になったのを覚えていた。 エンジェルフライト 国際霊柩送還士 (集英社文庫) 作者: 佐々涼子 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/11/20 メディア: 文庫 この商…